読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

matsuo.

ツイッターより長い事を書きたい時に使ってます

限りなく黒に近い茶 

日記

 

にしてくださいって美容師さんにお願いしたら、「村上龍の小説みたいだね」って。

 

あ、限りなく透明に近いブルー

黒染めの「黒さ」と「次に色が入らないかも」という事を恐れての言葉だったけど、そういう色にしたかった。限りなく黒髪に近い茶髪。

 

私の髪の毛は元から明るいらしくてわりとアッシュ系の黒らしいですが。カラーを繰り返しているからとっくに地毛の色ではないですが、先日カラー診断を受けた時に「髪の毛は地毛ですか?」って聞かれたので染めてますって言ったら、ナチュラルですね…地毛だと思いましたって言われたので私の通う美容室はカラーが上手なんだろうな。

 

美容室にも病院と同じように実は分類があるというのを先日はじめて知った。カットが得意な所、カラーが得意な所、パーマが得意な所、と推せる部分があるらしく、病院でいうと外科、内科、耳鼻科、みたいな感じで実はくっきりと分かれているらしい。それなら看板やお店の名前の横に記載して欲しい…。「ヘアーサロン◉◉ カラーリング科」とか。広告で載ってたりするけれど所詮宣伝かと思ってあんまり信用していないので、明確にプッシュ出来る部分があるならやっぱりサロン名の横につけて欲しい。ボブカット科、パーマ科、とか。