matsuo.

ツイッターより長い事を書きたい時に使ってます

ルミネtheよしだたちが素晴らしい単独ライブだった事

 

3/24 ルミネtheよしだたち  

 

この日は吉田たちの単独ライブを見た。

NGKとかパンパンになるのにルミネでの単独は今回が初。そんな感じが全然しない。

 

吉田たちはめちゃくちゃ頻繁に単独をやるのでここ数年は大阪東京含めてほぼ全部見に行ってたけど、今回の単独が今まででいっちばん良かった。初めて吉田たち単独を見た時の新鮮さや高揚感をぶち抜いて、今回のルミネtheよしだたちが過去最高。特別な事はやっておらず、漫才と暗転中のロケ映像とトーク、と普段の単独の形だったんだけど、ただただ良かったんです本当に。

 

ネタは意欲、工夫、技術があって、べしゃり的な部分やまとまりはもうこれ以上ないのではってくらいいつもバランスが良い。それと細かな部分のブラッシュアップに感動する。

あの時間、あの瞬間、3月24日のあの舞台での2人の空気がただただ良かった。気合い入ってます!賞レースに向けてネタかけてます!とか、ネタがめちゃくちゃウケていて、会場の空気があたたまっているから心地が良い事とはまた別の心地よさがあった。

お客さんと演者を包む膜みたいな、あの時間、あの空間を創り上げるには必要不可欠だった目には見えないけどそこにあるものに、私はめちゃくちゃ元気と感度を貰いました。

見終わった後、幸福感に足元ふらふらしたくらい。土曜の夜の新宿の街のぐっちゃぐちゃなあれやこれやを全身に浴びても、それを全て愛してしまうほど。なんでも見える、なんでも許せる。あの夜、目に見えるもの、耳で聞こえるもの、肌で感じる風や気配、足の裏から伝わる街の事とか、全てを本当に心の底から愛してしまった。超無敵状態。2時間お笑いライブを見ただけで。

 

 

決め手がふんわり感覚的であるのは私の気分や体調にとても左右されているからで、専門的な(?)的確なレポはできない(今までもしてこなかったけど……ネタのタイトルメモくらいで)

私はライブを見るのは大好きだけど、ネタの構造とか専門的な事は本人達から発信されたもの以上の部分は触れないようにしていて(評論するような目線を持つと自分がライブを楽しむ目的と違ってきてしまうので)私はただ、ライブを見ている間くらいは自分の感度を丸裸にしていたくて。だから、面白いネタを見て泣きそうになるし、満席立ち見完売御礼という事にも泣きそうになって。ネタでもトークでもない繋ぎの部分のちょっとした会話とかにもくらくら揺れてしまって。邪念、雑音、不安、戸惑いを吹き飛ばして全部私のプラスになるようにあの日の心は動いていた。

 

ライブの後に一緒に見に行った友達にも「今日のライブ、いつもより見やすくなかった?」と聞いたら、凄く良かった!なんだろう……雰囲気?と言っていたので、私と似たような事を思った人は他にも沢山いるかもしれない。だとしたらとても幸せだ。自分の気持ちを確かめたいわけでもなく、偉そうな仲間意識でもなく。でも、幸せだ。

 

別のライブで某芸人さんが「やっぱりお客さん沢山入ってくれると嬉しい〜!ってなっちゃって、それだけで俺売れたー!ってすぐ勘違いしちゃう」言ってて、最近の私はこういうなんでもない部分にキて、ぎゃんぎゃん刺激されてしまう。こういう風に感じる心を本当に本当に羨ましく思ってしまう。人間性がぽろっとこぼれる瞬間に出くわすたび、日々の生活の中でボロッボロに擦り切れた自分の心があらわになって痛いーーーー!!!ってなってるんですよ。

この間も1日の用事を済ませて休憩がてら入ったミニストップで、小さなパフェを頼んでイートインスペースで待ってたら、持ってきてくれた店員さんがスプーンの封を取り出しやすいように切ってくれて、紙ナプキンをさっと机に敷いてごゆっくりどうぞって言ってくれた時も泣きそうになってしまった。これ以上何処を擦り切ったらいいのかって思う心に、冷たくて柔らかいアイスクリームがこっくり溶けた。

 

去年の秋頃からこういった感度のネジが馬鹿になってしまっていて、何もかも丸裸で浴びているので凄く疲れるし歯止めが効かなくて困る事も多いのだけど、それでも今までの人生でこんなにも惜しみなく日々の生活の中でアンテナはるってまあなかったなと思う。暫くこのままだと思う。

 

 

最果タヒさんが、

「私の詩を少しでも好きだと思ってもらえたなら、それは決して私の言葉の力ではなくて、最初からあなたの中にあった何かの力。私の作品じゃなくても、ふと見た景色や鳥のさえずりや、好きな歌、それらにふっと顔がほころぶ日があったなら、それはきっとあなたの中の何かが響いて、すべてを眩しく見せているんだろう」

 

と、言っていた。

 

「世界が美しく見えるのは、あなたが美しいからだ」

 

あの夜はまさにこれだった。

私の中の何かが響いて、すべてを眩しく見つめていた。タヒさんのこの言葉に出会った時、ああ、言っている事は凄くイメージ出来る、でもそれ止まりで精々頭の中でそれっぽく世界が輝くだけで、身体で眩しいと感じる事はきっと遠い先の事なんだろうと思っていた。

感じたいんだけど!どうにかなりたい!どうにかして欲しいんだけど!って一人無口に喚いていたら、あっさり出来てしまった。私が私の心に向き合ったら、何もかも眩しく見えてしまった。これ以上ない最高密度な瞬間を、私の心が感じてそれを今の私が肯定している事だけでも少し前の私からすれば奇跡みたいな話だ(ズタボロの引きこもり状態だった)

あの瞬間の、あそこやここのあれはどんな言葉がフィットするだろうと選別していくうちに鮮度はどんどん落ちて、別のものとして再構築されていく。私はあの夜、あの2時間で感じた事全てを肯定出来た自分のために書く。

 

心と身体と内と外と全てリンクして、フィットする瞬間、私は私のために震えた。

 

www.instagram.com

 

ええやんけ

 

 「形、狂ってるよ」

 

美術大学へ行くために、実技の予備校に通っていた。この言葉は予備校を卒業する日まで先生から言われていた言葉だ。

 

かたち、と聞くと、結局ここに辿り着いてしまう。

大学受験も予備校時代もずっと昔。それなのに結局ここに引き戻されてしまうのは、今までの人生の中でなんとか頑張ったと言える経験がここにしかないからだ。前を向いているつもりで振り返ってしまう。情けない。せめて今がもっと楽しくなるように向き合いたい。

 

 

高校受験に失敗し、入学して半年でこのままでは卒業まで持たない、絶対リアイヤしてしまうと焦った私は学校以外の居場所を探した。絵を描く事が好きだったので、美術科の先生に美大受験用の予備校を教えて貰い、学校帰りは毎日そこへ通った。

 

一番最初に描いたのは、薪……だったような気がする。

台の上に一本の薪が置かれていて、それをただ鉛筆で描く。デッサンというものだ。出来栄えは散々で「なーんか不器用だなあ、自信なさそうな感じ(笑)」と先生に言われた気がする。私を受け持ってくれた先生は若い先生で、東京藝術大学を首席で卒業した仙人みたいな人だった。

 

それから色々なものを描くようになって、講評も大人数でするようになった。棚にずらっと並んだデッサンを見て私は震えた。まず、鉛筆の色の豊かさに驚いた。同じ鉛筆で描いているのになんて様々な黒があるんだろう。一色の中にこんなに幅があるなんて。上手、下手、そんな事よりとにかく自由だと思った。先輩達のデッサンは迫力があって堂々としている。絵を描く事にこんなに自信があって、生命力に満ちていて、なんてかっこいいのだろうと思った。

着彩(絵の具を使った課題)の時に茶色の椅子を指差して「これは俺に言わせて見れば黄色と紫のハーモニーなわけ」と先生は言う。信じられなかった。大きな大人が、真っ直ぐな瞳でそんな事を言う。確かに黄色と紫を混ぜれば茶色になるけど……そんな事わざわざ言うなんて恥ずかしいや……と思っていた(今思うと本当にすかしてて捻くれていて恥ずかしい)赤いリンゴを描く時、赤い絵の具を使う人はいなかった。みんなそれぞれに赤の感じ方があって、何処までも複雑に入り組んだ物の見方に出会い、果てのない宇宙みたいだと思った。途方もない事のように思えて絶望感もあった。世の中には絵を描く事に対してこんなに無邪気で堂々としていて、それでいてかっこいい人が沢山いる事を知った。

 

 

年に数回、東京の大学から先生がきて、講評をしてくれたり大学のお話を聞けたりする講習会があった。

高校3年の秋に受けた講習会で、私のデッサンを見て大学の先生は「うんうん、分かりますよ、そうですよね」と言いながら笑っていた。「よくモチーフ見て描かなきゃ、形に気をつけなきゃ、先生に言われた所見直さなきゃ、でも現役で受からなきゃ……とか、あなたの色んな声が聞こえてきていいですよとっても」みたいな事を言われた。身体がカーーーッと熱くなった。他の子はもっと褒められたり、希望の大学名を聞かれたり、技術的なアドバイスを貰ったりしているのに。でも全部図星だった。恥ずかしくて消えてしまいたかった。塾長と私を受け持ってくれていた先生は笑いながら頷いていた。

枚数と時間を重ね、細かな技術を覚えていくうちに、私は縮こまっていった。あれもこれも、あんな事まで教えて貰って、なのに手が追いつかない。今思えばがむしゃらに描いて描いて描きまくればどうにでもなったものを、悩んでいるフリとか、病んでいるフリをして目を背けた。やってもダメだったらどうしよう……ととにかく逃げ腰で、努力する事に怯えていた。でも傷ついた事だけは沢山アピールして、最悪だ。上手な人達に囲まれてやる気が削がれ、どんどん拗ねて、判断基準が上手いか下手かの二つしかなくなって心が擦り切れていく。自分の殻に閉じこもる。

絵が好きという事も描く事が楽しいという事も忘れて、ちゃっちゃと大学に入りたかった。いや、入れるようになんとかして貰いたかった。先生にどうにかして貰いたかった。

受験直前になってくると、鉛筆を削るだけで泣き出す人、デッサン中に暴れる人、抑えきれない感情が変な方向を向き出して、その空気に飲み込まれそうになる。先生達もピリピリしてる。ちょっとでも気の抜いた事をしようものなら雷が落ちる。何かにすがったり、向き合ったりしない私はそれすらも他人事のように感じていた。

毎日終電で帰って0時過ぎに夕飯を食べ、お風呂に入って気絶したように眠った。

 

 

『見る』『観察する』という事に対して私はとても鈍感で、考えようとも感じようともしなかった。デッサンは100見たら1描く、くらいのつもりでいいと言われたが、全然意味が分からなかった。分かっているけど、解っていない。

とにかく形を捉えるのが苦手で「形、狂ってるよ」「形、あってないよ」「だから形直せってば」と耳にタコが出来るくらい注意された。受験当日も「お前はとにかく形だけあわせてこい。描写出来なくても形があってれば後はなんとかなるだろうから」と言われたほどだった。

正確に形を捉えられるという事は、そのモチーフをきちんと観察できているという事だ。描く事は、見る見る見る、見る、見る見る見る、見る、描く、見る見る見る見る、見る、描く、見る、の繰り返しで、手を動かすよりも見る事の方が大切だ。

 

 

ふーふー言いながらも大学には合格した。

サークルでは文芸部に入った。筆記試験で小論文の課題があり、その対策を予備校でしていた時に何度か褒められた事を思い出し、何か作品をつくる時の幅が増えればと思い入部した。

(実際に予備校で小論文対策として添削して貰ったプリントが出てきた。何課題かやってはじめてまあまあいいじゃん的な事を言われてホッとした時のもの)

f:id:a_matsu:20180313195846j:plain

(添削して貰った作文は沢山あるけれど、これが一番上になって保管してあったので、相当安心したというか自分の中で印象深かったんだと思う)

 

サークルには小説を書く人、文字を使ってインスタレーションをする人、コントの台本を書く人など様々だった。年に何回かアンソロジーのような本を発行し、そこには短い小説を何本か書いた。文字を紡いだり物語を書くのも楽しいと思った。それからは自分の学科の課題でも、文字や文章を使った作品をつくったりした。絵を描く事よりも文字を使って何かを表現したいという気持ちが強くなっていた。

 

 

それでもふとした時に、全力でやるべき時にやらなかったツケがまわってくる。バッターボックスに立たせて貰ったくせに、全力でバットを振らなかったツケがまわってくる。

心の底から楽しんだり、挑んだり、感動する感覚が分からないまま月日が流れ、大学卒業後、仕事をしていても、誰かと遊んでいる時も、心ここに在らずで目の前の事に集中出来なくなっていた。そのうちどんどん気力がなくなって、私は引きこもるようになってしまった。身体を頭でコントロールしようとして、いよいよ苦しくなってきた。仕事をやめて、何かに熱中する事が苦しくなって、趣味のお笑いライブに行く事も、読書や書く事からも遠ざかるようになった。どうやって楽しんだらいいか、好きになったらいいか、分からなくなってしまった。

時々友達と会っても、別れた後の疲労と虚無感の反動に耐えきれず、ほとんど家から出ない日が続いた。一日の半分以上を寝て過ごし、小さな鬱の中、このサロンの記事を見て堪らず飛び込んだ。自分とも向き合えない、人とも会えない、でもどうにかネットだけは見てる。絵を描く事が好きだったからもっと勉強したいと予備校に通い出した時と同じ気持ちでまた何かはじめてみたい。書く事を楽しみたい方歓迎しますの一言に勇気を貰って泣きべそかきながら飛び込んだ。

小野さんがアート・アンド・ブレインのワークショップの事を書かれていたが、似たような事を大学入学後一発目の課題で行った事を思い出した。見るという行為について自ら気がついた時、自分の存在にもっと近づいて、知ろう、愛そうという気持ちが芽生えた時の事を思い出し、胸がきゅうっと熱くなった。

手を動かそう。生活も仕事も趣味もちゃんとしたい。好きな事を好きなまま続けられるように向き合いたい。

 

 

 

この記事も、メモ帳におこした言葉から記憶を戻してつぎはぎして書いている。書くというかたちについて、もう一度見つめ直している。冷えて硬くなった頭をゆっくり動かしながら、気持ちと目線をほぐしている。見て、愛して、感動して、丁寧に生きたい。

 

 

 

 

 

--------------------------------------------

”書く私”を育てるクリエイティブ・ライティングスクール課題

お題「私のかたち」

 

■書いた感想

イメージを膨らませているうちに、受験時代の事を一度どこかで書いておかないと後々つっかえそうと思ったのでアクセルを踏むために書いた。今までこういう事は 「話した」ことはあったけど「書いた」ことはほぼなかった。記憶がボロボロな所もある。書きながらこの時期の事をきちんと「過去」にする事が出来た気がする。

普段パソコンでとるメモも今回は紙とペンを使って書いてみたりした。頭の中の整理整頓の仕方がパソコンの時と少し異なったので新鮮に感じられて良かった。

お題、期日があるとそれを守らなくちゃという気持ちが先走って、ペース配分が分からなくなってしまった。これからはデッサンをするその前段階のクロッキーを沢山積み重ねるような気持ちで書いていきたい。

ひきこもりはビタースウィート・サンバで踊る 

 

先日she isの公募に応募したものです。

お題は「超好き -Ultra Love-」

 

 

ひきこもりはビタースウィート・サンバで踊る/松尾愛

 

心を蝕む孤独にはラジオをどうぞ。

真夜中のビタースウィート・サンバを武器にして、引きこもりは踊り続ける。

 

絵を描く事が好きで美大に進学してから私の引きこもりは加速した。

所属する学科にはアトリエがなかったので、制作はほとんど家でしていた。予備校時代は朝の9時から夜の9時までぶっ通しでデッサンする事が当たり前で、黙々と作業する事はちっとも苦じゃなかった。しかし、集中力がきれた瞬間に襲ってくる、何だか得体の知れない孤独とやらにはこの時出会った。ハッとした。なんだ、この心細さは。わけもなく寂しい。一人だから寂しいのか。無音だから心細いのか。不思議だった。大概の事はお一人様でこなせる私が、一人を怖がっているではないか。その時ふと、予備校の恩師が私のデッサンに手直しを入れながら、ぽそっと呟いていた話を思い出す。

 

「今はこうしてアトリエで皆で描いてるけど、自分以外誰もいない場所で黙々と作業するのはなかなか厳しいもんよ」

 

先生は大学時代、必ず腰に携帯ラジオを巻きつけて、作品をつくっていたらしい。その声に飽きたら近所の公園や人通りの多い橋の下で、通行人の声を聞きながら作業していたそうだ。

 

「自分以外の物音がなくなると、だんだん気がおかしくなるんだ。滅入らないようにラジオをつけて音を流したり、外へ出て人の気配を感じながら、うまくバランスをとるんだよ」

 

よく漫画家がアイディアを出す時は必ずファミレスにこもりますって言ってたりするけれど、それと似た様な事かなと思っていた。

大学生になって一人暮らしをはじめてから、恩師の言葉の意味が分かった。6畳ちょっとの小さな部屋で、私は即気が狂った。無音が怖い。じっとしていられない。心臓の音が大きく聞こえる。一人の強さが増すからひとりごとは言えなかった。自分以外の誰か、音が、欲しくなった。すぐに窓を開けて、道路を走る車の音を聞いた。息ができた。恩師の言葉を思い出して、iPhoneでラジオのアプリをダウンロードした。小さなスピーカーから誰かの声が聞こえる。私以外の声がする。泣きそうになった。まやかしでもなんでもいい。それまでラジオなんて聞いた事なかったけれど、見知らぬ誰かのお喋りにすがった。

それからはオールナイトニッポンをよく聞くようになった。

元々お笑いが好きで、好きな芸人が担当する時間は欠かさず聞いた。オープニングにかかるテーマソング、ビタースウィート・サンバを聞くと身体が揺れた。引きこもりはビタースウィート・サンバで踊った。ハガキ職人という言葉も存在もこの時知って、私も何か読まれたいという気持ちになり、メールを投稿するようになった。

  

ある時、生放送開始1時間前に送ったメールが読まれた事があった。わっ!わっ!と飛び跳ねたくなった。ついさっき打ったメールを、大好きなパーソナリティが読んでいる。私のつたない文章を丁寧に読み、感謝の言葉をくれた。その声は、6畳の部屋に住み着いた孤独を打ち消す。たったそれだけの事で、何も怖くなくなった。孤独は消えて、私は安心して一人になった。

 

これを書いている真夜中1時41分頃、やっぱりラジオを流している。

会話と会話、隙間の広告、今週のヒットチャートをかき分けて、今夜も引きこもりはビタースウィート・サンバで踊る。

 

 

 

 

落ちてしまったけど、久しぶりにお題、締め切り付きで文章を書き、ちょっと気分が良くなった。折角だったので漫画家をしている友達にも読んで貰った。お笑いが好きだったりラジオが好きだったり好きなものが色々あっていいと言われた(その子はほぼ無趣味状態)

物心ついた時からオタク気質で、物事にのめり込みがちな所が最近とても苦しかったけれど、こういう風に思い出したり整理整頓して書くととても落ち着くし好きだと思う気持ちも肯定出来る。

 

本当にradikoiphoneがなかったらよう……って気持ち。

 

安堵

 

1日の中で一番安心する時間は、お風呂上がりに顔にシートマスクを貼り付けながら、脱いだコートとセーターをハンガーにかけて消臭スプレーをふりかけている時。

その後に大体加湿器の霧の量を調節する。加湿器は本当に買ってよかった。部屋の中でもう顔がぱりぱりしない。本当に買ってよかった。ただ赤カビとかぬめりがすぐ気になる。

 

このあたりの時間が本当に何も考えずにホッとしてる時間。多分10分もない。短いなあ。

 

2017 行ったライブ

 

2017 行ったライブ一覧

 

1月

1/13 トッパレA

1/21 極ショートネタSP、よしもと漫才ライブ、トット単独ライブ「あけましておめでトットちゃん」

1/22 みつあみvol.20

1/26 ヤーレンズトークライブ

1/31 トッパレG

 

2月

2/6 スペシャルブルーム

2/14 しもきた大旋風

2/17 コマンダンテ単独ライブ「どーもコマンダンテです。東京行きます。ほんとかな?ほんとだよ。」

2/19 ミキ漫2017 in ルミネtheよしもと

2/21 みつあみvol.21

2/22 トッパレA

 

3月

3/5 バトル・オブ・ザ・ステージ in ルミネtheよしもと 2017

3/9 みつあみvol.22

3/24 トークダンテ+

3/25 11TH ANINIVERSARY ∞ホール×よしもと漫才劇場(3公演)

3/28 ALL-STAR-T

3/31 ファーストライブSP

 

4月

4/1 ヤーレンズトークライブ

4/2 よしもと若手漫才サミット

4/8 ファーストライブ

4/13 ピーマンズスタンダードのファミリーライブ

4/14 デニスの「ちょっとツラ貸せや」

4/15 コマンダンテ単独ライブ「どーもコマンダンテです。上京してきました。ほんとかな?ほんとだよ。」

4/16 よしもとK-PRO合同 一夜限りの即興コンビによる即興バトル

4/19 ヤー問答

4/22 ファーストライブ

4/25 Hey!Brother!

4/28 ファーストライブ

4/30 性格の悪いネタをするライブ

 

5月

5/3 GW∞爆笑ネタSP、ファーストライブ

5/4 ファーストライブ、From OSAKA芸人LIVE、GW爆笑ネタSP

5/6 ヤーレンズトークライブ

5/12 スペシャルブルーム

5/15 New York Jam Session

5/17 西村×安田の広島カープライブ

5/20 大宮コマンダンテ

5/21 POISON吉田が5人と漫才 他事務所芸人編

5/28 K-PROネタカーニバル

5/29 わいわいわい

5/31 行列の先頭32

 

6月

6/10 ファーストライブ

6/14 トッパレA 

6/16 トークダンテ

6/21 ヤーレンズネタライブ

6/25 ファーストライブ

6/27 ALL-STAR-T vol.3

 

7月

7/1 ヤーレンズトークライブ

7/8 LLRの幕張ファクトリー

7/10 ネタサービス

7/15 コマンダンテ×囲碁将棋〜漫才で語り合う120分〜

7/19 きむとコマンダンテ石井のトークライブ

7/20 漫才ヒーローズ、鯉に鯉こがれ鯉になく

7/24 楢原カフェライブ

7/30 テゴネハンバーグ漫才ライブ

7/31 吉田たちの大爆笑漫才ツアー〜in NGK

 

8月

8/2 漫才ダンテ

8/4 トークダンテ

8/6 大阪芸人会

8/7 ヤーレンズトークライブ

8/26 サマクロ2017

8/29 吉田たちの大爆笑漫才ツアー〜in 東京〜

 

9月

9/3 よしもとK-PRO合同 一夜限りの即興コンビによる即興バトル

9/8 ドドんトークライブ「法話30」

9/9 スリーバイスリー〜3組のプロデュースライブ〜

9/22 トッパレA

9/23 コマンダンテ単独ライブ2017 in 東京

9/24 ロード to M-1 SP、ファーストライブオータム

9/25 ヤーレンズトークライブ

 

10月

10/4 ヤーレンズトークライブ

10/6 行列の先頭グランドカーニバル2017

10/7 トーキョーNETAパラダイス in ∞ホール

10/28 ファーストライブハロウィンSP

 

11月

11/5 みつあみ in 幕張

11/19 コマンダンテ×囲碁将棋〜漫才で語り合う120分〜

11/20 ヤーレンズトークライブ

11/24  トーキョーNETAパラダイス in ルミネ

11/26 吉田たちの大爆笑ライブ〜in 大宮〜

 

12月

12/5 ヤーレンズトークライブ

12/14 トッパレA&G

12/16 コマンダンテ単独ライブ〜Revolucion〜

 

計、90本。 

去年は103本だったっぽいです(これを書いてるのはもう2018年の2月ですが日付は2017にしておく)

今年もいろいろ行くのかな。とりあえず4月までのチケット手元にあるし5月は林檎ちゃんのライブもある。

印象的だったのは楢原さんのカフェライブとか(ソロライブだって聞いてたのに出井さんがしっかりお手伝いにきていた眩しいライブ)木村さんのトークライブとかみつあみの幕張公演とか。あ、ドドんのトークライブ嬉しかった〜こういう他事務所ライブに呼ばれるの本当に好き。

あまり冒険してないですね。本当に好きな人たちの所だけ足を運んでいる感じ。