読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

matsuo.

ツイッターより長い事を書きたい時に使ってます

ヴァージン飴色

日記

 

玉ねぎを生まれて初めて「飴色」になるまで炒めた。

正確には飴色一歩手前…せっかち〜…ゆっくり…炒められない。

白が飴になるまで炒めるのがこんなに根気のいる事だなんて。料理に対して不器用と苦手意識があるから些細な炒めモノに悪戦苦闘。

弱火〜中火の間でやれればベストなんだろうけどそこまでしたら中火で炒めたくなるし、しかしそうすると今度は火力が強いので手をめちゃくちゃテキパキ動かさなくてはならない。薄い玉ねぎはすぐ焦げる。それにカレーの匂いがする。

にんじん、じゃがいも、がいなくても、玉ねぎを炒めるだけでお鍋からカレーの匂いがしてきてしまう。なんで…なんだろね。

 

何故ご丁寧に飴色になるまで炒めなくてはならないのかというと、オニオンスープを作りたかったから。くったりした、茶色のとろけるやつ。

クックパッドもプロの方のもレシピを見比べたけど、やっぱり飴色が大切っぽかった。後はいれるものといったらコンソメの素とか塩コショウとかだからここをサボッたら永遠に理想のオニオンスープは出来ないんだろうな。

結局飴色一歩手前で煮込んでしまったから、少し玉ねぎがシャキッとしてしまいました。

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 

料理の話ついでにこれ、読みたい。

ツイッターで見たキャベツと卵のお味噌汁の動画がめちゃくちゃ魅力的で、お味噌汁は最高だよ。