matsuo.

ツイッターより長い事を書きたい時に使ってます

デッサン力  

 

デッサンは何も絵を描くためだけに存在している技術ではない。

デッサン力があるという事は物事をきちんと正しく観察できるという事。モチーフからより多くの情報量を捉えられるという事。

 

こんな事受験時代に毎日毎日口すっぱく言われ続けてきただろうが、なんで今更になって言い出してんだよって感じなんだけど、デッサンの力は普通に生きていても重要な力になるってあたり前の事を今更感じているから。情けなさすぎてどうしようもない。受験って2文字が絡んでいたからとはいえ、デッサンの意味を分かるじゃなくて解っていたら、もっと学校生活とか楽だったろうに。

 ちょっとした事で傷ついたり、疲れたり、頭がこんがらがって泣きそうになった時、もっと正しく物事を見たいと思う。観察したいと思う。極端に客観視のたりない人に会った時、ふと自分もこんな風なんじゃないかと吐くくらい怯える。どうしようもない気持ち悪さは同族嫌悪からくるものなのか。何に対してズレを感じて何に対して怒りを覚えて何を遠ざけて何を正しく感じたいのか。よく分からない。大パニックをおこしそうになる。物事をよく観察しようとか正確な情報量を得ようとか、受験時代に言われてた時はさっぱり分からなかった。不真面目であったかもしれないけど、本当に分からなかった。デッサンはただ苦痛だった。

 

”伸びる人と伸びない人の違いは、究極、意識の問題です。意識さえ高かったら必ず技術は習得するでしょうし、品格ある生活を送るでしょう。でも、意識だけは教えることができないんです。これだけは人が変えてあげることはできないと思います”

 

これ五代目坂東玉三郎さんの言葉だけど、意識の意味が今なら少し分かる。意識だけは本当に誰からも教えて貰えない。でもある時ハッと深い眠りから覚めたように、ビリッとくる瞬間がある。何かに自発的に気がつけた時、泣きそうになる。何に気がつけないか分からない時が一番苦しい。

 

料理をする時、化粧をする時、服を選ぶ時、人とうまくいかない時、掃除をする時、食器を選ぶ時、テレビを見る時、ラジオを聴く時、文章を書く時、ライブを見る時、読書をする時、絵を見る時、SNSを徘徊する時。なんでもない生活の中にデッサン力が欲しくなる。100の情報量があるのに私はきっと5くらいしか情報を読み取れてない。こんなんじゃ楽しい事も楽しくないのは当然。悲観して頭痛引き起こすのもすこぶるダサい。今こうして文字打ってる瞬間も何言いたいのかさっぱり分かんないなって思うし。インプットもおろそかならアウトプットは尚更ぐちゃぐちゃですよ。

 

くしゃくしゃになった紙をまたゆっくり丁寧にのばしてアイロンかけて、その上から一つ一つ情報を読み取れる力が今の私にあるだろうか。もうアイロンすらかけられないかもしれない。でもジタバタしたい。血肉にしたい。私は普通に生きていきたい。物事に対する距離の取り方がずっとずっと下手くそで、結局同じような結末で壊してしまいそうになるんだけど今まさにそれででもう同じ事で壊れたくないんですよ。合わないならそれまでなのかもしれないけれど。絵も描けないし文も書けないし本も読めないしお喋りも出来ない。新しい事が取り込めなくて昔ばかりなぞっているんですよ。音楽とかラジオとか思い出とか。今がとりあえず一番最低。

 

りんごを描いてそれが普通にりんごに見える。この意味が解るだけで、ずっと楽に世界が見える。早くこのぐちゃぐちゃな1500字にも満たない日記を馬鹿じゃないのって削除する日がきて欲しい。納得する日がきて欲しい。

しじみ砂抜きツアー   

 

ARuFaさんとダ・ヴィンチ・恐山さんがしてるラジオをちょこっと聞いた。「匿名ラジオ」というラジオなんだけど。

 

好きな事でお金を稼ごうみたいなトークテーマで「貝を見張っているのが好き」とか「じゃあしじみ砂抜きツアーをしよう」って話をしている。「貝を見張っているのが好き」って。

 

昔あさりの酒蒸しを山盛り食べようと、スーパーの安売りで大量に買い込んで、あさりの量に対して明らかに小さいボウルで砂抜きをしたら(本当に雑)放置しすぎて中身がぐちゃぐちゃに飛び出てすべておじゃんにした事を思い出してしまった。自分が悪いけどほんとショックだった。

 


 

美容室は浮気をしても怒られない  

 

1月に髪を切った時、長年通っている美容室から浮気をした。もう5年以上通っているお店で、担当してくれている方とも仲良くて、なんなら軽い下ネタくらいなら笑って話せるくらいの距離ではあったんだけど、ここ何回か自分の希望していたイメージと違う形で仕上がる事が多くて、気分転換も兼ねてお店を変えた。でもその浮気先が元のお店から数百メートルしか離れていないっていうこの堂々っぷり。

 

浮気をしたお店はインスタの宣伝が活発なお店で、それを見て担当の人も決めた。ボブやショートカットが得意な人で、私のイメージする仕上がりがかなりあやふやにも関わらず上手にカットしてくれた。はじめての場所だから緊張しっぱなしだったけど、帰り道、身体に受ける風がここ何ヶ月の美容室帰りで一番軽やかだった。凄く気持ち良かった。インスタの記事を見て、こんな風にセットしては貰えないだろうかと淡く期待していたスタイルに最後仕上げて貰った時はわあっと思った(希望を伝えたのはカットの形だけでセットのあれこれは全部お任せだったにも関わらず)家に帰ってからも全身鏡と手持ち鏡を使ってぐるっと自分の頭を確認したりした。キレイなセットの形を覚えておいて、切りたて暫くは少しセットも頑張ってた。

 

髪はもちろん伸びるので、次も新しいところへお世話になろうかなと思っていた……んだけどつい先日髪を切った時はまた元のお店に戻ってしまった。ばっさり切っていたので、此処に来る前に別の店を挟んだ事はモロバレ。オーダーする時、担当さんは私の髪の様子を見る。その時が本当に怖くて怖くて(別の美容師行った!?とかえーーー!?って驚かれると思った)一通り希望を伝えた後に「あの…1月に別の所でちょっと切って貰っちゃったんですけど…」って言ったら「うん!短くなってるね〜」ってただそれだけ。その後はいつも通り。もっとなんかからかわれたり、驚かれたりするかと思った。ずっとびくびくしていたのが馬鹿みたいだなって思ったけど、これから多分この2つのお店を行き来してしまうような気がする。

 

それでもライブには行ってしまうんだけども

 

少し前。abemaTVで深夜に配信しているお願いマンピンコンを見ていた。ヤーレンズとかペンギンズ、錦鯉が出ていた。深夜1時過ぎに放送していて、結構深い時間までやっていた。その日はお風呂が遅い日で、お風呂上がりに身支度を整えながら見ていた。多分いつも通りの時間に入っていたら見ていなかったと思う。

 

お茶を沸かしながら、机まわりを綺麗にしながら、ハンドクリームを塗りながらとか。そういう事をしながら自分の好きなコンビのネタを”生配信”で見られる事が気持ち良かった。ライブの臨場感の良さよりも、これらをしながら見る良さの方が勝ちそうな気がしてしまった。ライブは全然行くけどこういう見方でももう満足出来てしまうのではないか、とその時は本当に強く思った。ネタ番組がほぼないと言っていい状態なのでお笑いを見たかったらライブに行くしかないなあと思っていたけれど、リアルタイムのネット配信をたまたま見てこの方法でも今の自分にはあっているかもしれないとちょっと思った。今後も見たいライブはいくつも あるんだけどね…。吉本のひかりTVの配信とか、やっぱり有難い。よく使う。

 

しょっぱい土曜日

 

帰ってきたら田島ハルコさんのCDを聴いて、宅配便を受け取って、そうめんを茹でてたらふく食べたら動けなくなりネフサしてたら凹みに凹んで全然気分転換にならなくて、誰かの楽しいブログを見て勝手に煽られて、基本的に記録したい思い出は良い思い出に決まっていて、良い事ばかり並んでいるかといってそれにあてられて参る事ないでしょって思うのに平気でこういう事繰り返す、明日のチケットを確認して、お皿を洗って鍋も洗って、LINEで住処を転々としている友達と連絡をとったりしたけどうまくキャッチボールできず、しょっぱい土曜日だった。